【Webライティングを意識するならこの1冊】『沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘-』をご紹介!! - 大学生の下剋上勉強法

【Webライティングを意識するならこの1冊】『沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘-』をご紹介!!

ブログ

(※この記事でわかること)
この記事では、Webライティングについて学ぶことができるおすすめの本『沈黙のWebライティング』について紹介しています。

はじめに

みなさんこんにちは、たいやきです。

突然ですが、みなさんはWebライティングを意識したことはありますか?

他者に読まれるような記事、文章を書くスキル。

筆者はブログを始めてから、初めてこの言葉を知るとともに、考えるようになりました。

これまで大学院まで通っていましたが、もちろん論文やレポートを書くこととは道理が違う。

どうしたらブログで読まれるような記事が書けるのか、悩んだ経験があります。

また、筆者はブログを書きはじめてから意識するようになりましたが、今思うと、この人に読まれる文章の書き方って、どんな場面でも使えるんですよね。

ブログはもちろん、Webライターの仕事や、何かを紹介するときなど….。

他者を惹き付ける文章の書き方は、これからの社会を生き抜いていくうえで、重要なスキルだと思います。

そして、そんなWebライティングスキルを学ぶことができる1冊がこちら!!

沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘-』です。

こちらは、基本的にマンガのように軽い気持ちで読み進めることができますが、ちゃんと詳しい解説もされています。

そして、この1冊で、他者に読んでもらえる文章の具体的な書き方を知ることができます。

ぜひ、興味がある方は、読んでみてください。

沈黙のWebライティング-Webマーケッターボーンの激闘-』の内容について

では、本書の内容について紹介していきます。

まずは、目次について確認してみましょう。

episode01 SEOライティングの鼓動

episode2 解き放たれたUSP

episode3 リライトと推敲の狭間に

episode4 愛と論理のオウンドメディア

episode5 秩序なき引用、失われたオマージュ

episode06 嵐を呼ぶインタビュー

episode07 今、すべてを沈黙させる…!!

epilogue 沈黙のその先に

なるほど。

目次ではなかなかわからないかも…。

ですが、なんだかすでに人を惹き付けるような目次、章のタイトルだと思いませんか?

この時点ですでに、Webライティングが発動しているといっていいでしょう。

具体的には、SEOを意識した書き方や、他者が読みやすい書き方、読者を集めやすい文章など、実践例をふまえながら紹介されています。

難しい専門用語も、ちゃんとわかりやすい解説が丁寧にされていますので、心配ありません。

この1冊を読み終わった後は、Webライティングとは何か、その内容はもちろん、感覚矢考え方が身につきます。

そしてそれは、日々の過ごし方をも変えてくれるに違いありません。

文章を書く仕事をしている方はもちろん、文章を人に読んで欲しいと思っている方は、ぜひ読んでみることをおすすめします。

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

興味があったら、ぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました