【GWはこのアニメを見よう!!】アニメ映画「バブル」の魅力を紹介!! - 大学生の下剋上勉強法

【GWはこのアニメを見よう!!】アニメ映画「バブル」の魅力を紹介!!

アニメ・マンガ

(※この記事でわかること)
この記事では、現在NETFLIXで見られるアニメ映画「バブル」の魅力について、簡単にまとめています。

はじめに

みなさんこんにちは、たいやきです。

突然ですが、みなさんはアニメ映画「バブル」をご存じですか?

超豪華なスタッフが集結して製作された、新感覚の重力アクション映画です。

4月28日にNETFLIXで公開され、今後は5月13日に劇場公開の予定です。

4月28日からNETFLIXで公開されているので、GWを使って観賞するのも良いでしょう。

大変クオリティが高く、その世界観に息をのむこと間違いなしです。

このGWにふさわしく、とってもわくわくさせた気分にさせてくれるはずです。

ぜひ、見てみてください。

アニメ映画「バブル」って?

まずは、アニメ映画「バブル」についてご紹介していきます。

舞台は、世界に降り注いだ泡<バブル>に満ち、重力が壊れた東京。

主人公は、未知の生態<バブル>と遭遇した少年ヒビキと、その少年(ヒビキ)に恋し、彼の世界を愛すると心に決めた少女ウタ。

この2人は、ある特殊な音に導かれて、出会います。

そして、音を介して出会いを経た2人が、<バブル>を駆けながら、とある運命に抗っていくというストーリー。

キャッチコピーは、「重力は壊れた、好きに跳べ。」

そのキャッチコピーが示す通り、無重力をテーマにしたグラビティ・アクション新体験の作品となっています。

「バブル」のおすすめポイントその1 制作陣が豪華!

まず、この「バブル」の魅力をお伝えしていきますが、この作品の制作陣がとっても豪華な点があげられます。

「バブル」は、

「進撃の巨人」荒木哲郎監督×WIT STUDIOの強力タッグで制作されており、

脚本は「魔法少女まどか☆マギカ」、「Fate/Zero」、「PSYCHO-PASSサイコパス」などで社会現象を起こした虚淵玄

キャラクターデザイン原案は「DEATHNOTE」、「バクマン。」の小畑健

音楽は「進撃の巨人」や「86-エイティシックス-」などで話題の澤野弘之

となっています。

(※なお、アニメ「86-エイティシックス」についても、おすすめ記事があるので、ぜひ読んでみてください。)

このように、あらゆる方面から日本の第1線で活躍されているクリエイターが集結し、制作されています。

この時点でとってもワクワクする作品ですよね。

「バブル」のおすすめポイントその2 魅力的な登場人物

ここでは、魅力的な登場人物として、主役の2人をピックアップしていきます。

ヒビキ(CV.志尊淳さん)

特殊な聴覚を持つ少年。

パルクールで危険なプレイスタイルを貫く男の子。

無茶をしてしまい、誤って重力が歪んでいる海へ落下してしまうが、そこでウタと出会う。

ウタ(りりあ。さん)

言葉を知らない、不思議な力を持つ少女。

パルクールで落下してきたヒビキと出会い、彼に寄り添っていく決意をします。

他にも、宮野真守さんや梶裕貴さん、広瀬アリスさんなど、豪華声優、女優、俳優さんも出演されています。

制作陣だけではなく、キャスト陣も大変豪華ですよね。

「バブル」のおすすめポイントその3 世界観とマッチした主題歌

また、「バブル」のおすすめポイントとして、その主題歌もあげられます。

「バブル」の主題歌は、Eveさんが歌う「Bubble feat.Uta」

Eveさんといえば、最近では「呪術廻戦」のOP「廻廻奇譚」が有名になりましたよね。

その透明感のある、独特の歌声を持つEveさんによって、この「バブル」の世界観が歌い上げられています。

透き通る世界、<バブル>に満ちた世界のなかで、2人が跳びながら疾走していく。

かっこ良さはもちろん、ちょっぴり儚い部分や、美しさも詰まっている、そんな音楽になっています。

みなさんも、ぜひ聞いてみてください。

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

GWはせっかくなので、このアニメ映画「バブル」を、NETFLIXで楽しんでみてはいかがでしょう?

コメント

タイトルとURLをコピーしました