【考古学専門修士卒が教える】縄文時代の植物食について学べるおすすめの本を紹介! - 大学生の下剋上勉強法

【考古学専門修士卒が教える】縄文時代の植物食について学べるおすすめの本を紹介!

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、考古学を大学院まで学んできた筆者が、縄文時代の植物食について知ることができるおすすめの本を紹介していきます。

はじめに

みなさんこんにちは。たいやきです。

筆者は、かつて大学院まで考古学を学んできました。

みなさんは、考古学といってもたくさんの分野があることを知っていますか?

今回は、そのなかで縄文時代の植物食について学ぶことができる本について紹介していきます。

縄文時代は、狩猟・漁撈・採集といった3つの生業から構成され、多様な動植物が利用されていたといわれています。

ですが、近年の研究によって、その比重に関しては植物(特にドングリやクルミなどの堅果類)が高かったことが明らかにされています。

今回は、そんな縄文時代で重要であった植物食について学ぶことができるような本について紹介していきます。

考古学の幅広く奥深い魅力について知っていただけたら幸いです。

縄文時代の植物食について学べるおすすめの本

『縄文時代における脱殻・粉砕技術の研究』

『縄文時代の植物採集活動』

『縄文文化と日本人』

『稲作以前』

『縄文時代の食と住まい』

『縄文時代の植物食』

おわりに

みなさん、どうでしたか?

考古学は、様々な関連分野から構成され、多角的な研究がおこなわれています。

みなさんも、ぜひ興味を持った分野から考古学の世界に1歩踏みいれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました