【考古学専門修士卒が教える】石器の使用痕研究について学べるおすすめの本を紹介! - 大学生の下剋上勉強法

【考古学専門修士卒が教える】石器の使用痕研究について学べるおすすめの本を紹介!

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、考古学を大学院まで学んできた筆者が、石器の使用痕研究についておすすめの本を紹介していきます。

はじめに

みなさんこんにちは。たいやきです。

筆者は、かつて大学院まで考古学を学んできました。

みなさんは、考古学といってもたくさんの分野があることを知っていますか?

今回は、そのなかで石器の使用痕研究について学ぶことができる本について紹介していきます。

石器の研究法(大体の遺物もそうですが)、主に2つの流れがあります。

1つは石器の作り方を考える技術論的な考え方。

もう1つは石器の使われ方を考える機能論的な考え方。

石器の使用痕研究は、後者に属します。

石器に残された痕跡を顕微鏡で覗き、その様相をもとに石器がどのように使用されたか、を推定する研究分野です。

日本でも盛んにおこなわれており、比較的ホットな分野であるといるでしょう。

今回の記事を通して、考古学の幅広く奥深い魅力について知っていただけたら幸いです。

石器の使用痕研究についておすすめの本

『石器の使用痕』

『石器使用痕の研究』

『最終氷期最盛期の石器使用痕研究』

『黒曜岩製石器の実験痕跡研究』

『石器痕跡研究の理論と実践』

『縄文時代における脱殻・粉砕技術の研究』

『東アジアにおける石製農具の使用痕研究』

おわりに

みなさん、どうでしたか?

考古学は、様々な関連分野から構成され、多角的な研究がおこなわれています。

みなさんも、ぜひ興味を持った分野から考古学の世界に1歩踏みいれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました