【考古学専門修士卒が教える】災害に関する考古学的研究について学べるおすすめの本を紹介! - 大学生の下剋上勉強法

【考古学専門修士卒が教える】災害に関する考古学的研究について学べるおすすめの本を紹介!

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、考古学を大学院まで学んできた筆者が、災害に関する考古学的研究について学べるおすすめの本を紹介していきます。

はじめに

みなさんこんにちは。たいやきです。

筆者は、かつて大学院まで考古学を学んでいました。

みなさんは、考古学といってもたくさんの分野があることを知っていますか?

今回は、そのなかで、災害に関する考古学的研究ついて学ぶことができる本について紹介していきます。

最近では、東北での地震が発生し、東北新幹線が運休停止するなど、大きな話題になりましたね。

約10年前にも、東日本大震災という大きな災害も起きています。

実は、このような大災害、過去にも起きていたということが、考古学的研究によって明らかにされています。

過去を学ぶことで、未来に活かす。

近年災害の発生が頻発化している今だからこそ、過去に学んで準備をしておきたいもの。

今回は、そんな気持ちに応えてくれるような、災害に関する考古学的研究に関する本を紹介していきます。

考古学の幅広く奥深い魅力について知っていただけたら幸いです。

噴火災害に関する考古学的研究について学べるおすすめの本

『火山灰考古学と古代社会』

『富士山噴火の考古学』

『超巨大噴火が人類に与えた影響』

地震・津波に関する考古学的研究について学べるおすすめの本

『津波災害痕跡の考古学的研究』

『季刊考古学154 津波と考古学』

おわりに

みなさん、どうでしたか?

考古学は、様々な関連分野から構成され、多角的な研究がおこなわれています。

みなさんも、ぜひ興味を持った分野から考古学の世界に1歩踏みいれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました