【考古学専門修士卒が教える】歴史考古学(日本古代史)でおすすめの本を紹介! - 大学生の下剋上勉強法

【考古学専門修士卒が教える】歴史考古学(日本古代史)でおすすめの本を紹介!

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、考古学を大学院まで学んできた筆者が、歴史考古学(日本古代史)について学ぶことができるおすすめの本を紹介していきます。

はじめに

みなさんこんにちは。たいやきです。

筆者は、かつて大学院まで考古学を学んでいました。

みなさんは、考古学といってもたくさんの分野があることを知っていますか?

今回は、そのなかで、歴史考古学(日本考古学)について学ぶことができる本について紹介していきます。

歴史考古学というのは、文字が使われるようになる古代以降の時代を対象とした考古学の分野のこと。

これに対して、文字が使われなかった時代を対象とした考古学の分野は、先史考古学といわれます。

今回は、歴史考古学のうち、飛鳥・奈良・平安といった古代を対象とする考古学的研究で、おすすめの本を紹介していきます。

考古学の幅広く奥深い魅力について知っていただけたら幸いです。

歴史考古学(日本古代史)についておすすめの本

『歴史考古学の基礎知識』

『土師器と須恵器の知識』

『日本の歴史二 日本の源像』

『日本の歴史三 律令国家と万葉びと』

『古墳時代から飛鳥時代へ』

『飛鳥』

『藤原京』

『藤原の宮と飛鳥』

『よみがえる古代文書』

『飛鳥の木簡』

『東アジア世界と古代の日本』

おわりに

みなさん、どうでしたか?

考古学は、様々な関連分野から構成され、多角的な研究がおこなわれています。

みなさんも、ぜひ興味を持った分野から考古学の世界に1歩踏みいれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました