【考古学専門修士卒が教える】世界文化遺産『北海道・北東北の縄文遺跡群』について知ることができるおすすめの本を紹介! - 大学生の下剋上勉強法

【考古学専門修士卒が教える】世界文化遺産『北海道・北東北の縄文遺跡群』について知ることができるおすすめの本を紹介!

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、考古学を大学院まで学んできた筆者が、昨年の夏に世界文化遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」について知ることができるおすすめの本を紹介していきます。

はじめに

みなさんこんにちは。たいやきです。

筆者は、かつて大学院まで考古学を学んできました。

みなさんは、考古学といってもたくさんの分野があることを知っていますか?

今回は、そのなかで「北海道・北東北の縄文遺跡群」について学ぶことができる本について紹介していきます。

これらは、昨年の夏に世界文化遺産に登録され、比較的ホットな話題といえるでしょう。

この記事の紹介を通して、多くの人にこれらの遺跡群に興味を持っていただけたら幸いです。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」について知ることができるおすすめの本(概論)

まずは、概論について知る事ができるおすすめ本を紹介していきます。

『世界遺産になった!縄文遺跡』

『世界遺産 北の縄文』

『縄文と世界遺産』

『北海道・北東北の縄文遺跡群を旅するガイド』

『世界からみた北の縄文 御所野遺跡と北海道・北東北の縄文遺跡群』

『環状列石ってなんだ? 御所野遺跡と北海道・北東北の縄文遺跡群』

『青森縄文王国』

北海道・北東北の縄文遺跡群についての専門書

また、上記で紹介した本は遺跡群の概論について書かれていますが、以下ではちょっとした専門書について紹介しています。

『東北北部先史文化の考古学』

『津軽海峡域の先史文化研究』

『青森県の貝塚』

『円筒土器文化』

『亀ヶ岡式土器』

『北の縄文人の祭儀場 キウス周堤墓群』

『北の自然を生きた縄文人 北黄金貝塚』

『三内丸山遺跡 復元された東北の縄文大集落』

『三内丸山遺跡』

おわりに

みなさん、どうでしたか?

これを機に、みなさんも、ぜひ興味を持った分野から考古学の世界に1歩踏みいれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました