【大学生向け】西洋美術史について学べるおすすめ入門書5選 - 大学生の下剋上勉強法

【大学生向け】西洋美術史について学べるおすすめ入門書5選

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
主に大学生で、西洋美術史の入門書について知りたい!と考えている人におすすめの本を紹介しています。

はじめに

みなさん、こんにちは。たいやきです。

みなさんは、西洋美術史に興味はありますか?

様々な展覧会や展示が日本の各地で行われており、よく行かれる方もいらっしゃるかもしれません。

なかには、少し興味があって、これから見に行きたいと考えている方もいるでしょう。

今回は、そんな人に向けて、西洋美術史の入門書としておすすめの本を紹介していきます。

西洋美術史について学べる本5冊

高階秀爾ほか『西洋美術史ハンドブック』

まずは、この『西洋美術史ハンドブック』です。

この本では、オリエントから現代にかけて、各時代別の主要な西洋美術作品が取り挙げれています。

また、実際に西洋美術史を専門とされている数多くの執筆者によって、1つ1つの作品が丁寧に解説されています。

西洋美術史について、体系的に学ぶことができる1冊となっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西洋美術史ハンドブック [ 高階秀爾 ]
価格:2090円(税込、送料無料) (2022/4/10時点)

高階秀爾『名画を見る眼』    『続 名画を見る眼』

次に、西洋美術史の大家として知られる高階秀爾先生の本。

この『名画を見る眼』、『続 名画を見る眼』を2冊合わせて読むことをおすすめします。

前者は、ベラスケスやドラクロワといったルネサンス期から19世紀の作者の作品を、後者はセザンヌやゴッホ、ピカソといった印象派や抽象絵画など、モネ以降の近代絵画の名作を取り挙げています。

各作品の魅力が丁寧に解説されてあり、西洋美術の主要作品1つ1つについて深く学ぶことができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

名画を見る眼 (岩波新書) [ 高階 秀爾 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2022/4/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

続 名画を見る眼 (岩波新書) [ 高階 秀爾 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2022/4/10時点)

池上英洋『西洋美術史入門』    『西洋美術史入門〈実践編〉』

こちらの、池上英洋先生の2冊もおすすめです。

『西洋美術史入門』では、美術史とは何か、美術史で考えることとは、といった美術史の概論について学ぶことができるます。

西洋美術史を学問的に学びたいと考えている人にとっては、おすすめの1冊です。

『西洋美術史入門〈実践編〉』では、名画を取りあげながら、絵画の見方や社会と絵画の関係性について考察する、といった西洋美術史の知の営みについて、詳細な解説をふまえながら勉強することができます。

前者が入門、後者が発展版となっており、2冊合わせて読むことをおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

西洋美術史入門 (ちくまプリマー新書) [ 池上英洋 ]
価格:1045円(税込、送料無料) (2022/4/10時点)

      

おわりに

みなさん、いかがでしたか。

様々な絵画作品について知ることは、教養にもなりますし、新たなモノの考え方にもつながります。

これを機に、ぜひ勉強してみてはいかがでしょう?

日本美術史の入門書についておすすめした別の記事もありますので、合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました