【大学生向け】大学生が読んでおくべきおすすめビジネス書13選ほか - 大学生の下剋上勉強法

【大学生向け】大学生が読んでおくべきおすすめビジネス書13選ほか

ビジネス本

(※この記事でわかること)
この記事では、大学生が読むべきおすすめのビジネス書について紹介しています。

はじめに

みなさんこんにちは、たいやきです。

みなさんは、これまでビジネス書について読んだことはありますか?

筆者は、大学在学時にビジネス書をたくさん読んだことで、たくさんの学びを得ることができました。

これらの本を読むことで、社会や経済への興味関心が生まれるのはもちろん、その見方が大きく変わります。

ビジネス書に書かれてある情報は、私たちの将来を考える際に大変重要なものです。

といっても、ビジネス書はたくさんあり、みなさんも

「どの本を読んだらいいのかわからない….」

と悩んだことはありませんか?

今回は、そんな悩みを解決できるような、大学生が読むべきおすすめのビジネス書を紹介していきます。

大学生が読むべきおすすめのビジネス書13冊ほか

ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』

この本では、スタンフォード大学で実施された「自分を変える教室」の内容が書かれています。

特に、この「自分を変える教室」では、意志力の大切さを指摘しています。

さらに、その意志力のもとで、物事に対して洞察力をもって実践にうつす重要性を指摘しています。

このような実践を通して、自分の潜在能力を引き出すコツなどが書かれており、新たな視点や物事の捉え方を知ることが、自分の変革につながることを指摘しています。

考えるだけではなく行動することの大切さ、また、これまでとは異なった視点から物事を眺める重要性を知ることができます。

ティナ・シーリグ『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』

ビジネスを例に、そこまでの価値観にとらわれず、新たな視点から捉える例を紹介しています。

この本では、日常生活のなかに様々なビジネスのヒントが潜んでいることを伝えています。

当たり前の光景を、もう一度注意深く眺めてみると、いろんな発見がある。

そして、その発見は、これからの人生を大きく変えてくれる可能性がある。

そんなことを考えさせてくれる1冊です。

デヴィッド・ビアンキ『お父さんが教える13歳からの金融入門』

この本では、投資や株式市場を対象に、お金の流れについてわかりやすく説明しています。

一般的に難しいと思われる投資や株。

確かに、考える要素がたくさんありすぎて、なかなか近づきがたいと考える人もいるのではないでしょうか。

ですが、この本では、子どもでもわかりやすいように書かれているため、基本的な部分をおさえながら、確実に自分のものとすることができます。

ビジネス書として、確実に読んでおきたい1冊です。

田口智隆『お金の不安が消えるノート』

この本では、特に日々の自分の出費について考えるくせの重要性を指摘しています。

また、自分の出費を意識しながら、日々の浪費を減らすことがお金の不安を消すことにつながると指摘しています。

この本には、そんな日々の浪費を減らす技術がたくさん書かれています。

筆者にとって、印象的なテクニックは、レシートを捨てずに残し、1ヶ月ごとに収支を見直す、というものです。

自分が、どのようなものにどれくらいのお金をかけているのか。

これを見直すことは、確かに日常生活のなかでの浪費を抑えることにつながります。

岡山聡『20代で知っておきたいお金のこと』

著者の岡山さんは、これからの経済状況のなかで、お金が入ってくる状況、得る方法は、これまでとはかなり違う、という点を指摘しています。

そのため、これからはマネーリテラシーを高めていく必要があります。

本書では、お金の不安をなくすために重要な、様々なマネーリテラシーが紹介されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

20代で知っておきたいお金のこと [ 岡村聡 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/4/16時点)

佐々木圭一『伝え方が9割』1・2

この本では、伝え方で人生が大きく変わることを指摘しています。

社会に出た際には、コミュニケーションが大変重要になってきます。

その際、仕事1つとっても、その伝え方が重要になります。

本書からは、仕事を円滑に進めるためのツールとして、「伝え方」の重要性を知ることができます。

また、本書は、1・2の2冊で構成されていますので、合わせて読む事をおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/16時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伝え方が9割(2) [ 佐々木圭一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/16時点)

ジム・ドノヴァン『誰でもできるけれど、ごくわずかな人しか実行していない成功の法則』

本書では、著者のどん底からはい上がった経歴を通して、「よりよい人生とは?」という生き方について考えている本です。

この本では、小さなことの実践を積み上げることが、人生の変革や成功につながる、と指摘しています。

考えるだけではなく、小さなことでも実際に行動することの大切さを学ぶことができます。

大前研一『下剋上の時代を生き抜く即戦力の磨き方』

著者の大前さんは、21世紀は答えの無い時代であり、そのためには自分を高める努力が必要になってくる、と指摘しています。

また、大前さんは、この時代のなかでは語学力、財務力、問題解決力の3つの能力が必要になる、と指摘しています。

大学生のうちに、これらの力を磨いておくことは、社会に出た際にきっと役立つことでしょう。

本書では、これらの能力がなぜ必要なのか、これからの社会状況はどうなると予想されるか、また、そのなかで生き抜くために必要なこととは?といった点について興味深い内容が書かれています。

神田昌典ほか『未来から選ばれる働き方』

この本では、2024年までに一旦会社の在り方が変わり、それにともなって社会の働き方は変わる、指摘しています。

「2024年までに、会社は一度死ぬ」

そんな衝撃的な指摘がされています。

そのような状況の中で、これから生き抜いていくために必要となる価値観や勇気について紹介をしています。

これからの将来が不安である人や意識している人にとっては、1度読んでいる価値があります。

ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史』

人類進化の背景を斬新な視点から読み解いた1冊。

貨幣や宗教など、様々な要素と人類革命の関係について考られています。

筆者にとって大変興味深いと感じたのは、農耕を取り入れた以降は、それ以前の狩猟社会に比べて1日の労働時間が増え、不安的な食糧供給に依存した生業形態へと変化したという指摘です。

このような指摘は、農耕社会である現代の生き方を考える際に大変示唆的であるといえます。

現代を生きていくうえで、その生き方について大変考えさせられる1冊です。

また、こちらの本は上・下の2巻で構成され、比較的難しい内容となっていますが、マンガで解説された本もありますので、こちらを読んでみるのもおすすめです。

小野敬也『夢をかなえるゾウ』

この本は、自分自身の現実をどうやったら変えられるのか、その方法について、関西弁をしゃべるガネーシャからの課題をこなす過程で学んでいく、という大変ユニークな内容になっています。

筆者は、この本を通して、「人を喜ばせるために必要なこととは?」といった点について考えることの重要であると気づきました。

人を喜ばせることを意識しながら生きていくことで、次第に自分も変わり、夢へと近づくことができる。

日常生活の過ごし方から、大きな意識的変革をもたらしてくれる1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夢をかなえるゾウ1 [ 水野敬也 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2022/4/16時点)

ロバート・キヨサキほか『金持ち父さん・貧乏父さん』

この本では、何といっても「お金を働かせる」という視点が筆者にとって衝撃的で、目からウロコでした。

お金の心配は、誰でもあります。

現在ではコロナウィルスが蔓延し、それによって大きな経済的打撃が生じています。

今後も、このような状況になる可能性があります。

そんな不安を抱えるなかで、本書で紹介している「お金の働かせ方」を学んでおくことは、大変有効的です。

大学生なら、だれでも1度は読んでおくことをおすすめします。

かなり、お金、さらには働き方の考え方が変わります。

トム・ラス『さあ、才能に目覚めよう』

この本は、心理学的視点から自分の強みに気づくことができる本となっています。

これから生きていくうえで、自分の強みや特性を意識しておくことは大変重要です。

その強みを意識した職場、またはそれを活かした働き方を意識することで、自分の成長につなげることができます。

これからの時代は、戦略的に生きていくことが求められます。

そのために、自分はどのような性格なのか、どのようなことが向いているのか。

今のうちに、自分と向き合う時間を設けてみることをおすすめします。

ぜひ、読んでみてください。

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

もし、気になる本があったら、ぜひ読んでみてください。

今回ご紹介した本は、少なくとも何かしらの形で筆者の人生の考え方を変えてくれた本です。

きっと、あなたの価値観にも良い影響をおよぼすはず。

別の記事で、特に将来について考えている大学生におすすめのビジネス本を紹介しているので、こちらも合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました