【大学生向け】大学生が人生の選択について考えたときに読むおすすめ本4選 - 大学生の下剋上勉強法

【大学生向け】大学生が人生の選択について考えたときに読むおすすめ本4選

大学生の勉強

(※この記事でわかること)
この記事では、主に大学生向けに、人生の選択で迷っている時に読むべきおすすめの本について紹介しています。

はじめに

みなさんこんにちは、たいやきです。

突然ですが、みなさんは、人生の岐路に立ったことはありますか?

あるいは、これからその選択に出会うかもしれませんね。

筆者は、就職活動をしながら、この就職という場面で人生の選択を意識しました。

また、その選択の場面では、大変考え、迷いました。

みなさんのなかにも、そんな人生の選択肢のなかで迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、主に大学生向けに、人生の選択に迷った時に参考になるような本を紹介していきます。

大学生が人生の選択について考えたときに読むおすすめ本4冊

羽生善治『捨てる力』    『決断力』

まずは、羽生善治さんの『捨てる力』、『決断力』です。

天才棋士である羽生さんの、数多くある将棋の戦局で培われた選択肢の選び方というのは、一般人にとっても、人生を考える際に大変役に立ちます。

無数にある選択肢から一手を選ぶとき、天才棋士が一体どのような考え方をしているのか、どのような点を意識しているのか、我々にとってもおおいに得るところがあるはずです。

これらの本からは、悩んでいるときに、一度リラックスする必要性がわかります。

筆者は、就職の選択において、大変悩む経験をしました。

悩んでいるときは、大抵視野は狭くなっているもの。

他に道はないのか。自分は何を大切にしたいのか。

人生において迷う際には、自分と向き合うことができます。

そんなときには、一度力を抜いて考えてみる、その大切さについて、筆者はこれらの本から学びました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

捨てる力 (PHP文庫) [ 羽生善治 ]
価格:628円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

決断力 (角川新書) [ 羽生 善治 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)

山中伸弥ほか『僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう』

この本では、羽生善治さんや山中伸弥先生など、あらゆるジャンルで活躍されている方々が、これまでどのように生きてきたのか、これまでの経緯について知ることができます。

このような有名な方達も、かつては苦しいとき、迷った時があったはず。

そんなとき、彼らはどのように考え、行動したのか?

その情報は、きっと私達にとっても大いに学ぶべきところがあるはずです。

林真理子『野心のすすめ』

この『野心のすすめ』は、著者の林さんが、現代の若者に対して、野心をもって挑戦していく気概の大切さを解いています。

特に、若いうちは、自分の力を最大限信じて、精一杯挑戦していく、その大切さについて指摘されています。

現在では、安定志向の人が多いのではないでしょうか。

今だからこそ、失敗しても取り返せる!と考え、挑戦していく気持ちを大切にしたいものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

野心のすすめ (講談社現代新書) [ 林 真理子 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2022/4/13時点)

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

もし、人生の選択肢において悩んでいる場合は、今回ご紹介した本についても、一度読んでみてください。

新しい視点から、その選択肢について考えることができるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました